スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中島先生に追悼の意を

おそらく知っている人はほとんどいないと思うので、

中島先生の紹介と宣伝を。



中島徹

1963年7月11日 - 2011年3月26日

神奈川県横浜市出身。2011年3月26日、大腸癌で死去。

『ビッグコミックオリジナル』(小学館)連載の『玄人のひとりごと』は

2010年春より「作者病気療養」を理由に休載が続いていたが、未完の作品となった。

・玄人のひとりごと(ビッグコミックオリジナル・既刊11巻)
・五月原課長のつぶやき(ビッグコミック・全6巻)
・少年雀鬼東(増刊少年サンデー・全6巻)
・ギャンブル王子嵐(週刊少年サンデー・全5巻)



巻数と年齢だけ見ると作品が少ないように見えますが、

玄人のひとりごとは隔週で4pしか載ってなかったので

実は20年以上続いてる人気連載なのです。



自分も本当に好きでした。

読み始めたのは……たぶん幼稚園生の頃。

親が買っていたビッグコミックオリジナルを勝手に借りて

それを今の今までずぅーっと読んでます。



玄人のひとりごとが楽しみのひとつでしたね。

自分が麻雀を始めるきっかけの1つでもありました。

この作品で麻雀を初めて知り、おもしろそうだなと

幼心ながら、漠然としながらも思ってました。



それだけに、今回の訃報は本当に悲しいです。

大人気にならなくても、人気にかかわらず細々と続いて

ずっと、ずっと、社会人になっても楽しめればと思ってましたが、

既にそれは叶わない夢となりました。



なのでこのおもしろい作品をここで広めて、

多くの人にとてもおもしろい漫画家が早逝してしまったことを

伝えられればいいな、と思っています。





玄人のひとりごとは本当におもしろいです。

万人受けする内容だと断言します。

47年間、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

多忙な漫画家生活の疲れをとり、ゆっくり休んでください。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画 - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。